2017年11月12日日曜日

ELEGIAの詩と音楽(後編)

前編の続きです。


(詩を再掲:『ソルシコス的夜』)
~~~

雨の街では
夜はすべてのガラスである

口紅で
彩色された
たとえば君
の透明なジェラシィ

または
シャボンの円錐
の上
の金髪の月など

夢は
翼あるガラス
である

遠い
夜の空に
きらめいてる
ガラスの旗のように

純粋
のエスプリ
の結晶
の石竹いろの

アヴェニュをよぎつていく
永遠的なシルゥエット

ひとたばの

のなかに
消えていく
手袋など

いつぽんの針
のなかの風
のように
すべての声は
とつぜんに
ちぎれていく

                     詩集「真昼のレモン」より
~~~

他の4曲は詩がある程度センテンスで読めるのに対して、ソルシコス的夜はやや難解に見えます。
木下先生は前書きにて「実験的な作品はなるべく避けて、リリシズムとシュールな感覚がいいバランスで混在する、私好みの詩を多めに並べてみた」と述べていますが、同曲はどんな位置付けなのでしょうか?

曲の音楽面に目を向けてみます。8分の6拍子の中でのベルトーンは動的な印象ながらも、少しずつ音を変えつつ何度も出てくるため、再現性を印象付けます。
また「アヴェニュ」「ガラス」といった『1. ELEGIA』『3. 春のガラス』を想起させる単語に対応して、それぞれのニュアンスが強調されています。前者はその部分だけ『1. ELEGIA』と同じA-durになりますし、後者は2回ともテヌートが付けられています。
さらに、『2.奇妙な肖像』で頻出するオーギュメントの和音がこちらでも幾度か登場しており、Mysterioso感を際立たせます。繰り返されるベルトーンと共にそのようなイメージが断片的に反芻されながらも、最後はすべて「ちぎれて」いきます。

あくまで個人的な印象ですが、『5. ソルシコス的夜』は北園氏の美的センスを存分に味わいつつ、それまでの4曲を通して描いてきたイメージ・景色が走馬灯のごとくリフレインされる、まさしく終曲と言えるものなのかなと感じています。氏のラディカルな世界観が繊細かつシャープな音楽として表現されたこの曲は、傑作と言っても過言ではないと思います。

もちろん実際の演奏者としては大変な部分も多いですが、定期演奏会では少しでもこの世界観・雰囲気を感じて頂けるような演奏をしたいものです。

※厳密には「中」と「内」はニュアンスが異なるので内包と言うべきでないかもしれませんが、時間の制約上、より適切な表現を見つけきれませんでした。
(了)

-定期演奏会情報-
12/24(日) 第55回記念定期演奏会 @神戸文化ホール大ホール
詳しい情報・チケットのお申込みはこちら!

-過去の演奏が聴けるようになりました-
第53回定期演奏会の第1ステージ(平行世界、飛行ねこの沈黙)
第54回定期演奏会の第3ステージ(嫁ぐ娘に)
の演奏がYouTube上で聴けるようになりました!ぜひどうそ!

2017年11月10日金曜日

ELEGIAの詩と音楽(前編)

企画記事第2弾です。今回は第3ステージ、『ア・カペラ混声合唱のための ELEGIA』(作曲:木下牧子、作詞:北園克衛)を取り上げ、その魅力について正指揮者に語ってもらいました!


第3ステージにて演奏する『ア・カペラ混声合唱のための ELEGIA』に関して、詩の北園克衛氏の特徴に触れつつ、個人的な見解を交えながら書きたいと思います。

北園克衛氏は主にモダニズムの中で活躍した前衛詩人であり、「実験」として感覚的な作品をいくつも発表しました。1959年に発表された「単調な空間」はその最たる例と言えます。

~~~

1.
白い四角
のなか
の白い四角
のなか
の黒い四角
のなか
の黒い四角
のなか
の黄色い四角
のなか
の黄色い四角
のなか
の白い四角
のなか
の白い四角


2.

の中の白
の中の黒
の中の黒
の中の黄
の中の黄
の中の白
の中の白


3.

の三角
の髭
のガラス


の三角
の馬
のパラソル


の三角
の煙

ビルディング


の三角
の星

ハンカチイフ


4.
白い四角
のなか
の白い四角
のなか
の白い四角
のなか
の白い四角
のなか
の白い四角

~~~

一見むつかしく、よく分かりません。
北園氏は、日本におけるコンクリート・ポエトリー(意味性を排除し形式や視覚的効果に着目した詩)の先駆者でした。また、その後には写真を詩そのものとして用いる「プラスティック・ポエム」を提唱しています。すなわち、ヴィジュアル的な感覚を重視しています。

この作品に限らず、改行後の文頭に「の」を用いるパターンが頻出しますが、これはメタ・フィジカルな世界をイメージの明瞭さを保ったまま表現する試み、といえるかもしれません。
例えば


の三角
の馬
のパラソル

本来は前後と繋がっているはずの助詞「の」が、改行によってある種断絶されています。やや乱暴な言い方をすると、この断絶により、単語のイメージ(≠意味)が保たれたまま「~の…」という内包が強調されます。(※)
肝要なのは、イメージが保たれたままだという事です。これが

白の三角の馬のパラソル

となると、区切りが分かりづらく、イメージの輪郭もぼやけてしまいます。
読点を用いたとしても、助詞の手前で使わない限り形而上的な感覚は変わってしまうでしょうし、手前で使ったとしても改行の効果には及ばないでしょう。

さて、ここから『ELEGIA』の話になります。
『単調な空間』と最も近い感覚で詩が書かれているのは、終曲の『5. ソルシコス的夜』です。

~~~

雨の街では
夜はすべてのガラスである

口紅で
彩色された
たとえば君
の透明なジェラシィ

または
シャボンの円錐
の上
の金髪の月など

夢は
翼あるガラス
である

遠い
夜の空に
きらめいてる
ガラスの旗のように

純粋
のエスプリ
の結晶
の石竹いろの

アヴェニュをよぎつていく
永遠的なシルゥエット

ひとたばの

のなかに
消えていく
手袋など

いつぽんの針
のなかの風
のように
すべての声は
とつぜんに
ちぎれていく

                     詩集「真昼のレモン」より
~~~
(後編へ続く)


-定期演奏会情報-
12/24(日) 第55回記念定期演奏会 @神戸文化ホール大ホール
詳しい情報・チケットのお申込みはこちら!

-過去の演奏が聴けるようになりました-
第53回定期演奏会の第1ステージ(平行世界、飛行ねこの沈黙)
第54回定期演奏会の第3ステージ(嫁ぐ娘に)
の演奏がYouTube上で聴けるようになりました!ぜひどうそ!

2017年10月13日金曜日

ロマンチストの彼とつれない彼女(前編)

 定期演奏会まであと二か月少しとなりました. 私たちも日々練習を重ねています.
 演奏会ではさまざまな曲を演奏する予定ですが, 今日はその中から第一ステージで演奏する曲集, "Birthday Madrigals"の中から"Come live with me"を取り上げて, その魅力を紹介したいと思います. 
Birthday Madrigalsはジャズの名手であるジョージ・シアリングの誕生日を祝って作られた曲で, その詩はエリザベス1世の治世の頃に書かれたものから採られています.
 "Come live with me"は二つの詩の掛け合いから成っていて, 一つはChristopher Marloweによる"The passionate shepherd to His Love", もう一つはSir Walter Raleighによる"The Nymph’s Reply to the Shepherd"から引用されています.
Marloweの詩は羊飼いの恋の呼びかけを綴ったものであり(冒頭の一行"Come live with me and be my love"は, 有名な定番文句なんだとか?), Raleighの詩は彼の呼びかけに対する返事という形で対になっているのです.
二つの詩を見てみましょう.
The Passionate Shepherd to His Love
by Christopher Marlowe

Come live with me and be my love,
And we will all the pleasures prove
That valleys, groves, hills, and fields
Woods or steepy mountain yields

And we will sit upon the rocks,
Seeing the shepherds feed their flocks
By shallow rivers to whose falls
Melodious birds sing madrigals.

And I will make thee beds of roses
And a thousand fragrant posies,
A cap of flower, and a kirtle
Embroidered all with leaves of myrtle;

A gown made of the finest wool
Which from our pretty lambs we pull;
Fair lined slippers for the cold
With buckles of the purest gold;

A belt of straw and ivy buds,
With coral clasps and amber studs;
And if these pleasures may thee move,
Come live with me and be my love.

The shepherds' swains shall dance and sing
For thy delight each May morning:
If these delights thy mind may move,
Then live with me and be my love.
The Nymph's Reply to the Shepherd
by Sir Walter Raleigh

If all the world and love were young,
And truth in every shepherd's tongue,
These pretty pleasures might me move
To live with thee and be thy love.

Time drives the flocks from field to fold,
When rivers rage and rocks grow cold;
And Philomel becometh dumb;
The rest complain of cares to come.

The flowers do fade, and wanton fields
To wayward winter reckoning yields;
A honey tongue, a heart of gall,
Is fancy's spring, but sorrow's fall.

Thy gowns, thy shoes, thy bed of roses,
Thy cap, thy kirtle, and thy posies,
Soon break, soon wither, soon forgotten,
In folly ripe, in reason rotten.

Thy belt of straw and ivy buds,
Thy coral clasps and amber studs,
All these in me no means can move
To come to thee and be thy love.

But could youth last and love still breed,
Had joys no date nor age no need,
Then these delights my mind might move
To live with thee and be thy love.

 Marloweの詩は美しい自然の景色や小鳥, バラの花などを歌い込み, 牧歌的でロマンチックな印象を与えます. 「ふたりで岩の上に座り, 羊飼いが放牧するのを眺めよう」(6-7行目), 「浅い小川の流れ落ちるそばで鳥が美しくマドリガルを歌う」(7-8行目), そして君にバラのベッドやたくさんの花束を作ってあげよう, 花の帽子にギンバイカの葉を縫い込んだガウンも...と続きます(9-12行目). 季節は春から初夏の頃でしょうか.
 ところがロマンチストの羊飼いには, 手厳しい返事が返ってくるのです. Raleighの詩は次のように始まります.
 「もし世界と愛の形が(アダムとイヴの時代のように)純粋で, あなたの言葉がいつも真実を語るのなら」
 そして彼が語ったさまざまな美しい事物に対して, そのイメージを反転させていきます. 5-6行目で, 時が経てば羊たちは囲いの中へ入れられ, 川は暴れ, 岩は冷たい冬がやってくると, 7行目では"Philomel"が羊飼いの鳥のイメージに対するアンチテーゼとして登場します. ピロメーラーは悲劇の末に鳥へと変身させられたギリシャ神話の登場人物であり, 彼女が変身させられたと言われるナイチンゲールは, 冬の季節アフリカへ渡るためにその鳴き声をヨーロッパで聞くことができないのです. (後編へ続く)

-定期演奏会情報-
12/24(日) 第55回記念定期演奏会 @神戸文化ホール大ホール
詳しい情報・チケットのお申込みはこちら!

2017年6月14日水曜日

アポロン行事紹介! 〈フレッシュマン交歓会〉

こんにちは!
第一クォーターのテスト期間が終わったと思ったら、一回生の初ステージの兵庫県合唱祭も無事終了しました!時間がすぎるのが早くてびっくりです!
今回はそんな一回生が参加したフレッシュマン交歓会についてレポートしていきたいと思います!

フレッシュマン交歓会(通称フレ交)とは!
関西学生混声合唱連盟(関混連)を構成する六つの合唱団の新入生が初めて一堂に会するイベントです!
それぞれの団で歌を披露したりみんなでウォークラリーをすることで仲を深めあうことを目的としています。
他団の知り合いをつくることはもちろん、入ったばかりの新入生達が同じ団の人と仲良くなる機会でもあります!


フレ交に参加した一回生男声にインタビューしてみましたー♪
Qフレ交は楽しかった?
Aいろんな大学のひとたち、いろんな個性の人たちがいて、合唱初心者の僕にとっては刺激になりました
Q新しい友達はできましたか?
A友達はできました、けど女の子の友達はできませんでした(泣)
Qウォークラリーはどうだった?
Aめっちゃおもしろかったです!
特に人間知恵の輪的なやつが面白かったです!
知恵の輪だけでなく、みんなの緊張も解けました(どや顔)
Q一回生だけで歌ったけど感想は?
Aかなり緊張しました、でも他の大学の人に誉めらました!
Q最後に何か一言!
A
関西大学でやったんですけど、神戸大にはぜひともあの立地と外観を見習って欲しいです。

皆さんに彼のどや顔を見せられないのはとても残念です、一回生だけのステージを乗り越えて少し頼もしくなったかな?



一回生だけで商神!


キョンパスきれい!

楽しそうですね、僕も行きたかったです!
そんなフレッシュな一回生が出演するステージはこちら↓


・6/11(日) 兵庫県合唱祭 (いたみホール)
1回生(69期生)のデビューでした!ご来場いただいたみなさま、ありがとうございました。

・7/2(日) Joint Concert 2017 -創世- (あましんアルカイックホール)
http://www.heimat-choir.net/2017joint.html (京大ハイマートさんの公式HP内特設ページに飛びます)

淀川混声合唱団さん、京都大学音楽研究会ハイマート合唱団さんとの合同コンサートです。合同曲は柴田南雄作曲のシアターピース『宇宙について』を伊東恵司先生の指揮でお送りします!

2017年5月25日木曜日

演奏会出演報告! <関混連定演>

こんにちは!
まだ5月だというのに暑い日が続いていますね。熱中症に注意です。
アポロンは去る5月21日(日)、関西学生混声合唱連盟第48回定期演奏会に出演しました。今回は(ちょっとユルめに)その振り返りをしていきます!


今回の関混連定演の会場は大阪・福島のザ・シンフォニーホール。午前に集合し、午前は単独ステージの、午後は合同ステージのリハーサルを行いました。


 6団体の合同演奏会ということで待ち時間が多く、昼休憩も90分ほどありました。昼休憩の過ごし方は様々です。弁当を買って楽屋で談笑しながら食べる人、ホール近くのお店に食べに行く人…。そんな中、ラーメン人生JETに行った団員(男声)にインタビューをしてみました。

筆者「なぜラーメン屋へ?」
団員「愚問だね。逆に、ラーメン屋に行かない理由があるなら教えてくれよ。」

筆者「何を食べましたか?」
団員「醤油チャーシュー」

筆者「お味はどうでした?」
団員「美味しかったよ。気になるならみんな行ってみると良い。」

筆者「合唱とラーメンについてひとこと!」
団員「麺とスープの織り成すハーモニーが分からないのなら、君はまだ合唱を本当に理解したとは言えないんじゃないかな?」

そんなラーメン人生JET福島本店についてはこちらから!
Twitter→https://twitter.com/jetjpn
食べログ→http://tabelog.com/osaka/A2701/A270108/27050827/


※全然書いていませんが、空き時間にはもちろん楽譜の確認などの準備もしていましたよ!


15:30、いよいよ開演です。

最初に「エール交換」をしました。エール交換では、6大学それぞれの団が自校の学歌を順に歌っていきます。アポロンは神戸大学の旧学歌、『商神』を歌いました。神戸大学の前身、神戸高等商業学校時代の明治38年頃に作詩・作曲された、とっても歴史のある曲です!学歌を聞き比べると、それぞれ違いがあって面白かったのではないでしょうか。

アポロンが単独ステージで演奏した3曲は、『ELEGIA』、『春のガラス』『ソルシコス的夜』でした。12月の定期演奏会では、この3曲を含む曲集『ア・カペラ混声合唱のための ELEGIA』(北園克衛 作詩、木下牧子 作曲)を、全曲演奏します。さらにレベルアップできるよう練習していきます!

合同ステージでは、混声合唱と2台ピアノのための『交聲詩 海』(宗左近 作詩、三善晃 作曲)を演奏しました。あの時、あの場所でしかできないような、とてもエネルギーに満ちた演奏がでました!取り組み始めた時は難しい曲だと思いましたが、この曲から、また藤井先生のご指導からたくさん学ばせていただきました。


さて、先日の関混連定演をざっと振り返って参りました。
たくさんの方にご来場いただき、とっても嬉しく思っています。また、お付き合いのある皆様からお菓子などの差し入れもいただき、休憩時間に美味しくいただきました!


ご来場くださいました皆様、ありがとうございました!


----------
♪アポロン出演情報(直近2ヶ月)♪

・6/11(日) 兵庫県合唱祭 (いたみホール)
1回生(69期生)のデビューです!

・7/2(日) Joint Concert 2017 -創世- (あましんアルカイックホール)
http://www.heimat-choir.net/2017joint.html (京大ハイマートさんの公式HP内特設ページに飛びます)
淀川混声合唱団さん、京都大学音楽研究会ハイマート合唱団さんとの合同コンサートです。合同曲は柴田南雄作曲のシアターピース『宇宙について』を伊東恵司先生の指揮でお送りします!

----------

2017年3月26日日曜日

アポロン行事紹介! <役職追いコンレポート>

こんにちは!桜はいつになったら咲くのでしょうか?早く暖かい春を感じたい...

さて、今年度の企画として、様々なブログ記事を更新していきたいと思っています!どうぞお楽しみに
今日は第一弾として、アポロンの行事紹介をしたいと思います!今回紹介する行事は『追いコン』です。アポロンでは1月から3月にかけて、部全体・パートごと・役職ごとに四回生を送る"追いコン"が開催されます。

<役職とは?>
アポロンにはたくさんの役職があります。部長やパートリーダーだけではなく、合宿を運営する"合宿マネージャー"(通称:Gマネ)や、練習を録音したり行事で写真を撮る"記録"、合宿や新歓イベントで楽しいゲームを考えてくれる"レクリエーションマネージャー"(通称:レクマネ)などなどたくさんの役職があり、二回生になると全員がいずれかの役職に就いてアポロンのために仕事します。ちなみに、このブログやTwitter・Facebookで広報活動をしているのはHPPという役職です。Home Page Projectの略なのだ。(これはアポロン人でも知らない人が多そうな豆知識)


今日紹介する追いコンは、新歓の企画運営をしている役職"新歓スタッフ"の追いコンです!今回の新歓スタッフの追いコンはなんとたこ焼きパーティー!!アポロンの第一回新歓イベント『たころんパーティー』の参考にしてみてはいかがでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新歓スタッフ追いコンレポート 

3月18日にアポロンの新歓スタッフの追いコンがありました。卒業をむかえる新歓スタッフの四回生を送る会です。今回の追いコンは3月29日のたころんパーティのシミュレーションもかねて、たこ焼きパーティを開催しましたその様子を報告します! 

練習後、青年センターにて現新歓スタッフがたこを切ったり、生地をつくったり準備をして四回生を待ちます。 
四回生がそろい、19時に追いコンがスタートしましたオードブルや持ち寄ったお菓子、飲み物を楽しみつつ、まずは普通のたこ焼きが焼き上がるのを待ちます。 

できあがったあつあつのたこ焼きは絶品!たころんで培われたたこ焼き作りの腕が光ります。たころんとは大学祭(六甲祭)でアポロンの一回生が出店するたこ焼き店の名前です。 

途中のレクでは、具材の争奪戦として、二つの班に分かれて古今東西ゲームを行いました!勝ったチームからたこ焼きに入れる具材を選びます。 
具材は板チョコ、ベビースター、チーズ、ちくわ、ウインナー、剥き栗・・・うーん。おいしいのかな?試してみないと分かりませんね 
たころんパーティ本番ではまた違った具材も用意されます。何が出てくるかは当日のお楽しみ! 

みんなでたこ焼きを焼いたり、レクで勝ち取った具材を入れてみたり、なにより回生の垣根をこえて楽しく交流ができて、素晴らしいとなりました! 

29日のたころんパーティがますます楽しみになりました・・・! 
新入生のみなさんは是非参加してみてください新入生の友達もつくりやすいですよ!楽しいこと間違いなし!!! 

アポロン!?たころん!?たこ焼きパーティー!!
日時 : 3月29日(水) 11:10~ @神戸学生青年センター(阪急六甲の近く)
集合場所・時間 : 阪神御影駅 10:20
          JR六甲道駅 10:40
         阪急六甲駅 10:50             (自分の都合のいい場所に来てね!)






2017年3月15日水曜日

2017春合宿のご報告

65期の先輩方が卒団されてから2ヶ月が経ちました。私たちアポロンは先日、66~68期の新体制となってから初めての合宿を行いました。


以下、春合宿チーフの合宿マネージャーによる春合宿のご報告です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月1日から4日の4日間、淡路島で合宿にいってきました!

海のそばで景色が綺麗、ご飯がおいしい素晴らしい所でした。

今回の合宿では関混連や合唱祭の曲や新歓で歌う曲、今年の定期演奏会の曲など、さまざまな曲をみっちり練習しました!

2日目の夜は団員全員でレクリエーションをしました!レクリエーションマネージャーが楽しいゲームを考案してくれて、皆で楽しみました。また団の結束がよくなった気がします。

3日目の夜はホームコンサートを行いました。毎回どのグループがよかったかなどを投票するのですが、今年は多くの賞で票が割れ、同率1位が2つ出ました!

とても楽しく、充実した4日間でした!この合宿を支えてくださったエトワール生石の方、各役職の方々をはじめとする全ての方のおかげです!
ありがとうございました!

新2回生 合宿マネージャー 平田真也