2017年5月25日木曜日

演奏会出演報告! <関混連定演>

こんにちは!
まだ5月だというのに暑い日が続いていますね。熱中症に注意です。
アポロンは去る5月21日(日)、関西学生混声合唱連盟第48回定期演奏会に出演しました。今回は(ちょっとユルめに)その振り返りをしていきます!


今回の関混連定演の会場は大阪・福島のザ・シンフォニーホール。午前に集合し、午前は単独ステージの、午後は合同ステージのリハーサルを行いました。


 6団体の合同演奏会ということで待ち時間が多く、昼休憩も90分ほどありました。昼休憩の過ごし方は様々です。弁当を買って楽屋で談笑しながら食べる人、ホール近くのお店に食べに行く人…。そんな中、ラーメン人生JETに行った団員(男声)にインタビューをしてみました。

筆者「なぜラーメン屋へ?」
団員「愚問だね。逆に、ラーメン屋に行かない理由があるなら教えてくれよ。」

筆者「何を食べましたか?」
団員「醤油チャーシュー」

筆者「お味はどうでした?」
団員「美味しかったよ。気になるならみんな行ってみると良い。」

筆者「合唱とラーメンについてひとこと!」
団員「麺とスープの織り成すハーモニーが分からないのなら、君はまだ合唱を本当に理解したとは言えないんじゃないかな?」

そんなラーメン人生JET福島本店についてはこちらから!
Twitter→https://twitter.com/jetjpn
食べログ→http://tabelog.com/osaka/A2701/A270108/27050827/


※全然書いていませんが、空き時間にはもちろん楽譜の確認などの準備もしていましたよ!


15:30、いよいよ開演です。

最初に「エール交換」をしました。エール交換では、6大学それぞれの団が自校の学歌を順に歌っていきます。アポロンは神戸大学の旧学歌、『商神』を歌いました。神戸大学の前身、神戸高等商業学校時代の明治38年頃に作詩・作曲された、とっても歴史のある曲です!学歌を聞き比べると、それぞれ違いがあって面白かったのではないでしょうか。

アポロンが単独ステージで演奏した3曲は、『ELEGIA』、『春のガラス』『ソルシコス的夜』でした。12月の定期演奏会では、この3曲を含む曲集『ア・カペラ混声合唱のための ELEGIA』(北園克衛 作詩、木下牧子 作曲)を、全曲演奏します。さらにレベルアップできるよう練習していきます!

合同ステージでは、混声合唱と2台ピアノのための『交聲詩 海』(宗左近 作詩、三善晃 作曲)を演奏しました。あの時、あの場所でしかできないような、とてもエネルギーに満ちた演奏がでました!取り組み始めた時は難しい曲だと思いましたが、この曲から、また藤井先生のご指導からたくさん学ばせていただきました。


さて、先日の関混連定演をざっと振り返って参りました。
たくさんの方にご来場いただき、とっても嬉しく思っています。また、お付き合いのある皆様からお菓子などの差し入れもいただき、休憩時間に美味しくいただきました!


ご来場くださいました皆様、ありがとうございました!


----------
♪アポロン出演情報(直近2ヶ月)♪

・6/11(日) 兵庫県合唱祭 (いたみホール)
1回生(69期生)のデビューです!

・7/2(日) Joint Concert 2017 -創世- (あましんアルカイックホール)
http://www.heimat-choir.net/2017joint.html (京大ハイマートさんの公式HP内特設ページに飛びます)
淀川混声合唱団さん、京都大学音楽研究会ハイマート合唱団さんとの合同コンサートです。合同曲は柴田南雄作曲のシアターピース『宇宙について』を伊東恵司先生の指揮でお送りします!

----------

2017年3月26日日曜日

アポロン行事紹介! <役職追いコンレポート>

こんにちは!桜はいつになったら咲くのでしょうか?早く暖かい春を感じたい...

さて、今年度の企画として、様々なブログ記事を更新していきたいと思っています!どうぞお楽しみに
今日は第一弾として、アポロンの行事紹介をしたいと思います!今回紹介する行事は『追いコン』です。アポロンでは1月から3月にかけて、部全体・パートごと・役職ごとに四回生を送る"追いコン"が開催されます。

<役職とは?>
アポロンにはたくさんの役職があります。部長やパートリーダーだけではなく、合宿を運営する"合宿マネージャー"(通称:Gマネ)や、練習を録音したり行事で写真を撮る"記録"、合宿や新歓イベントで楽しいゲームを考えてくれる"レクリエーションマネージャー"(通称:レクマネ)などなどたくさんの役職があり、二回生になると全員がいずれかの役職に就いてアポロンのために仕事します。ちなみに、このブログやTwitter・Facebookで広報活動をしているのはHPPという役職です。Home Page Projectの略なのだ。(これはアポロン人でも知らない人が多そうな豆知識)


今日紹介する追いコンは、新歓の企画運営をしている役職"新歓スタッフ"の追いコンです!今回の新歓スタッフの追いコンはなんとたこ焼きパーティー!!アポロンの第一回新歓イベント『たころんパーティー』の参考にしてみてはいかがでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新歓スタッフ追いコンレポート 

3月18日にアポロンの新歓スタッフの追いコンがありました。卒業をむかえる新歓スタッフの四回生を送る会です。今回の追いコンは3月29日のたころんパーティのシミュレーションもかねて、たこ焼きパーティを開催しましたその様子を報告します! 

練習後、青年センターにて現新歓スタッフがたこを切ったり、生地をつくったり準備をして四回生を待ちます。 
四回生がそろい、19時に追いコンがスタートしましたオードブルや持ち寄ったお菓子、飲み物を楽しみつつ、まずは普通のたこ焼きが焼き上がるのを待ちます。 

できあがったあつあつのたこ焼きは絶品!たころんで培われたたこ焼き作りの腕が光ります。たころんとは大学祭(六甲祭)でアポロンの一回生が出店するたこ焼き店の名前です。 

途中のレクでは、具材の争奪戦として、二つの班に分かれて古今東西ゲームを行いました!勝ったチームからたこ焼きに入れる具材を選びます。 
具材は板チョコ、ベビースター、チーズ、ちくわ、ウインナー、剥き栗・・・うーん。おいしいのかな?試してみないと分かりませんね 
たころんパーティ本番ではまた違った具材も用意されます。何が出てくるかは当日のお楽しみ! 

みんなでたこ焼きを焼いたり、レクで勝ち取った具材を入れてみたり、なにより回生の垣根をこえて楽しく交流ができて、素晴らしいとなりました! 

29日のたころんパーティがますます楽しみになりました・・・! 
新入生のみなさんは是非参加してみてください新入生の友達もつくりやすいですよ!楽しいこと間違いなし!!! 

アポロン!?たころん!?たこ焼きパーティー!!
日時 : 3月29日(水) 11:10~ @神戸学生青年センター(阪急六甲の近く)
集合場所・時間 : 阪神御影駅 10:20
          JR六甲道駅 10:40
         阪急六甲駅 10:50             (自分の都合のいい場所に来てね!)






2017年3月15日水曜日

2017春合宿のご報告

65期の先輩方が卒団されてから2ヶ月が経ちました。私たちアポロンは先日、66~68期の新体制となってから初めての合宿を行いました。


以下、春合宿チーフの合宿マネージャーによる春合宿のご報告です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3月1日から4日の4日間、淡路島で合宿にいってきました!

海のそばで景色が綺麗、ご飯がおいしい素晴らしい所でした。

今回の合宿では関混連や合唱祭の曲や新歓で歌う曲、今年の定期演奏会の曲など、さまざまな曲をみっちり練習しました!

2日目の夜は団員全員でレクリエーションをしました!レクリエーションマネージャーが楽しいゲームを考案してくれて、皆で楽しみました。また団の結束がよくなった気がします。

3日目の夜はホームコンサートを行いました。毎回どのグループがよかったかなどを投票するのですが、今年は多くの賞で票が割れ、同率1位が2つ出ました!

とても楽しく、充実した4日間でした!この合宿を支えてくださったエトワール生石の方、各役職の方々をはじめとする全ての方のおかげです!
ありがとうございました!

新2回生 合宿マネージャー 平田真也

2017年2月18日土曜日

新年のご挨拶


新年のご挨拶


あけましておめでとうございます。大変遅くなってしまいましたが新年のご挨拶をさせていただきます。今年度、神戸大学混声合唱団アポロンの部長を務めております第66期生の本田卓也と申します。

昨年度の12月に開催いたしました第54回定期演奏会にご来場いただきました皆様、誠にありがとうございます。この演奏会をもちまして4回生である第65期生の先輩方は卒団し、我々アポロンは新体制での活動を開始いたしました。

 

それでは、今年度のアポロンの演奏会についてご連絡させていただきます。アポロンが所属している関西学生混声合唱連盟の第48回定期演奏会が5月21日()に大阪のザ・シンフォニーホールにて開催されます。そこでは合同ステージの客演指揮に藤井宏樹先生をお招きします。また、7月2日()には淀川混声合唱団さん、京都大学音楽研究会ハイマート合唱団さんとのジョイントコンサートを尼崎市総合文化センターあましんアルカイックホールにて開催します。こちらでは合同ステージの客演指揮に伊東恵司先生をお招きし柴田南雄作曲のシアターピース「宇宙について」の演奏を予定しております。

そして、12月24日()神戸文化センター大ホールにて第55回定期演奏会を開催いたします。第55回という節目に相応しい充実した演奏会とするべく団員一同精進いたしますので、是非ともご来場ください。

それでは、本年もアポロンをよろしくお願いいたします。

2017年1月23日月曜日

【4回生の想い〜Vol.2】

 こんにちは.先日,団ではフェアウェルが行われ,卒団した4回生と内輪のコンサートを開いて,思い出話を語り合いました.
 さて【4回生の想い〜Vol.2】ではアポロンの運営の統括を担ったチーフマネージャーと技術面を支えたパートリーダーから卒団しての想いをお届けいたします.

▶︎チーフマネージャー-アポロンの運営
 2016年度神戸大学混声合唱団アポロンでチーフマネージャーを務めておりました、65期アルトの阪口加奈恵と申します。
 遅ればせながら、先月の12月17日、第54回定期演奏会にご来場いただきました皆様、厚く御礼申し上げます。
 今年度のアポロンは、この1年間多くの演奏機会をいただくことができました。例えば、フィリピンの仲間と共に歌ったジョイントコンサート、フラッシュモブや公民館での依頼演奏など、様々なステージ、たくさんのお客様の前で演奏することができました。このことは、この度の定期演奏会だけでなく、団員一人一人の合唱人生の中でも貴重な経験となったと確信しております。
 私はこの度の定期演奏会では、チーフマネージャーとして役職の統括をし、そして第4ステージの技術系を担当させていただきました。運営として、また技術系としてこの演奏会に向けて注力していく中で、アポロンという団体がどれほど多くの人に支えられているかということを実感しました。顧問の太田先生、名誉顧問の斉田先生、またステージスタッフの皆様、当日スタッフの皆様など、ここでは数え切れない方々のおかげさまで無事にこの定期演奏会を迎えることができました。また同時に、団員一人一人の演奏会に向けての努力なしでは盛会に終わることはなかったでしょう。改めまして、本演奏会にて支えて下さいました、先生方、スタッフの皆様、団員の皆、そしてご来場いただきました皆様、本当にありがとうございます。
 私は先日行われました2016年度の決算部会を最後に、アポロンを去ることになります。今後はOBとして後輩たちの活動を見守り、支えていきたいと思っております。
 最後になりますが、2016年度の神戸大学混声合唱団アポロンの活動をご支援下さいました皆様に心より御礼申し上げます。これからも、我々アポロンは毎年少しずつ進化を続けていきます。是非とも、今後ともご支援、ご指導のほどよろしくお願いいたします。
神戸大学混声合唱団アポロン
65期アルト
阪口加奈恵

▶︎パートリーダー-音楽を創る
 ‪ 私たち4回生にとって最後の定期演奏会を終えて1ヶ月ほど経ちましたが、あの時の感動は、今もはっきりと覚えています。‬
 パートリーダーは主に第3ステージ正指揮者が振る「嫁ぐ娘に」の練習を担ってきましたが、技術面でも、また未熟な私達にとっては精神面でも、大変難しい組曲でした。しかし、楽譜を開くたびに三善先生の凝らした意匠を感じ、歌うたびにこの曲たちが好きになっていきました。このような素晴らしい曲を、パートの皆と一緒に悩みながら、楽しみながら作り上げられたことを幸せに思います。
  本番の緊張感、そしてあの場で溢れ出てきた感動は、合唱人生の中で、とても美しい記憶の1つとなりました。ご来場くださった皆さまの心の中にも、少しでも残るものがありましたなら幸いです。
 来年からのアポロンも、今年とはまた違った素晴らしい音楽を届けてくれることと思い、私たちも楽しみにしております。来年からも後輩たちへのご声援のほど、よろしくお願いいたします。
パートリーダー一同

 年が明け,アポロンは新たな一年を歩み始めています.次回は新たに4回生になる団員からのメッセージをお届けしたいと思います.今年も神戸大学混声合唱団アポロンをどうかよろしくお願いいたします.

2016年12月27日火曜日

4回生の想い〜Vol.1

【4回生の想い〜Vol.1】

 こんにちは.先日12/17に第54回定期演奏会を行いました.これを持って4回生は卒団となります.今号では部長,副部長,正指揮者(チーフコンダクター)からのメッセージを載せます.長文ではありますが,4年間やりきった4回生の想いをご覧ください.

▶︎部長-部長としての1年間
 2016 年度神戸大学混声合唱団アポロンの部長を務めておりました、65期ベースの藤下嶺と申します。
 私たち神戸大学混声合唱団アポロンは去る12月17日に西宮市民会館アミティホールにて第54回定期演奏会を開催いたしました。OBOGの皆様を含め当日は多数のお客様にご来場下さり大変光栄に思います。
 我々はこの定期演奏会の成功を1年間の目標としてこれまで活動行って参りました。その成果である、今年一番に想いのこもった演奏を、この1年間様々な経験を培ってきたものを皆様の前で存分に披露できましたことを心より嬉しく思います。この演奏会が開催できましたのも、顧問の大田美佐子先生、名誉顧問の斉田好男先生など様々なご指導いただきました諸先生方、OBOGの皆様、アポロンがお世話になりました全ての皆様の温かいご支援の賜物であります。団員を代表して感謝申し上げます。
 2016年の1年間を考えてみますと、今年は例年以上に演奏の機会を沢山設けることが出来ました。と言いますのも、今年度運営系の方針として、「演奏依頼は積極的に引き受ける」ことと「団員一人一人が楽しむ」ことを行ってきたからであります。先の定期演奏会別冊パンフレット"Dolce"にも記載してありますが、例えば例年の灘区コーラスフェスティバルや住之江公民館への訪問演奏に加えフィリピン合唱指揮者協会理事長のジョナサン・ヴェラスコ先生による講習会のモデル合唱団、ホテル宴会場でのフラッシュモブ、老眼大学という神戸市の生涯学習活動でのゲスト公演等普段と異なる客層、距離感で演奏を披露することができ、団としてこれからの活動の幅も広がりましたし、何より団員にとってとても良い経験になったのではないかと思います。その効果あってか、定期演奏会直前に数人の団員に尋ねても、「緊張していない」「楽しみ」といった前向きな発言しか出てこなく、団員の1年間の充実感と成長を感じとることができ、部長としてこの上ない喜びを感じました。
 改めて、本年度アポロンの活動を応援してくださった皆様に心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。これからも神戸大学混声合唱団アポロンはさらなる飛躍を遂げ、より素晴らしい演奏を皆様にお届けしてくれることだろうと確信しております。今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。
神戸大学混声合唱団アポロン
第65代部長
藤下嶺

▶︎副部長-最後の演奏会を終えて
 こんにちは、65期ソプラノの高橋綾香と申します。2016年度の副部長を務めさせていただきました。
 先日は、わたしたちアポロンの定期演奏会にご来場くださり誠にありがとうございました。
 定期演奏会は一年間かけて作り上げてきたものを披露する場でありますが、わたしたち四回生にとっては四年間のアポロン生活の集大成となるものでもあります。わたし個人的にはこんなに満足感を持って終えられた演奏会は、四年の合唱人生で初めてでした。できることは全てやってきたという自信を持って、本番の一瞬一瞬を楽しむことができました。
 今回わたしは、第四ステージの技術系をさせていただいたこともあり、歌って練習することももちろんですが頭で考えるということをとてもたくさんしてきたように思います。理解が及ばなかったり力不足を感じたりして悔しい思いをすることも多くありましたが、追及するのをやめなかったことで残るものがあったと思っています。上西先生のご指導を受けられてよかったです。また、一緒に良いものを作るために取り組んできたメンバーへの感謝も、とても大きいものになりました。
 定期演奏会を終えて卒団した今、振り返ってみて、多くの先生方、先輩方、同期はじめ現役メンバーの皆と、人に恵まれた四年間だったと心から感じます。大学のときにこのように充実した時間を過ごせたことをこれからの糧にしていきたいです。
 最後になりますが、アポロンに関わってくださっている全ての方に改めて感謝とお礼を申し上げます。これからもアポロンをどうぞよろしくお願いいたします。
65期ソプラノ 高橋綾香

▶︎正指揮者-学生最後の指揮
 こんにちは。
 2016年度チーフコンダクターを務めておりました、大谷洋太です。
 第54回定期演奏会には多くのお客様にご来場いただき、改めて御礼申し上げます。誠にありがとうございました。
 振り返ってみますと、今年の定期演奏会では様々な音色をお楽しみいただけたのではないかと思います。第四ステージでは客演指揮に上西一郎先生をお招きし、「ドイツロマン派の合唱音楽」と題しまして、歴史に名を刻む大作曲家たちの作品をお届けしました。上西先生の練習では非常に学ぶことが多く、これからのアポロンの音楽作りの礎になったのではないかと思います。
 一年を通して取り組んできた三善晃作曲の「嫁ぐ娘に」ですが、各方面の方々からお褒めの言葉をいただき、チーフコンダクターとしては「一生懸命やってきてよかったなあ」という気持ちです。曲を決定した当初は内外を問わず、「大学生が歌うのはまだ早いのではないか」という声もあったのですが、最終的には三善先生の音楽、世界を作り出すことができたかと思います。特に終曲の「5.かどで」は私にとっても思い入れが強い曲であり、本番ではまさしく思い描いていた音楽をすることができ、指揮者としてこの上ない幸福でした。
 定期演奏会を終え、後輩たちは活動を始めています。これからはOBとして、現役の活動を温かく見守っていきたいと思います。
 皆さまにおかれましては、引き続きアポロンの活動へのご支援、ご声援をよろしくお願い申し上げます。
神戸大学混声合唱団アポロン
第65代チーフコンダクター
大谷洋太

 年明け1月には今年度の決算部会があります.これが終わってからアポロンの運営の統括を担っているチーフマネージャーはじめ4回生のコメントをこのブログに載せたいと思います.お楽しみに!
 それでは皆さま良いお年をお迎えください.

2016年10月29日土曜日

【OB総会および交流会のご報告】

 アポロンOB会現役側担当の66回生平川と申します。
OB会員の皆様におかれましては、平素よりアポロンへの格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

 さて、今回は10月22日(土)に開催されましたOB総会および交流会のご報告をいたします。

 15:30より行われたOB総会では、OB会会計の報告を行った後、今後のOB会の在り方などについて意見交換がなされました。
16:00より行われた現役生およびOBの皆様との交流会におきましては、現役生61名、OB40名の合計101名が出席し、17回生から68回生までの幅広い世代のメンバーが、レクリエーションやホームコンサートにて交流を深めました。
OBは現役生のエネルギーを感じ、また現役生はOBさんとの会話の中でアポロンの歴史を感じとれるような、非常に有意義な時間を過ごすことができました。
 また、最後に行われた全体合唱においては、17回生の番様に「狩り人アレン」の指揮を振っていただくという、非常に貴重な経験をしました。

 拙い運営ではありましたが、多くのOBの皆様にご出席いただき、心より感謝申し上げます。

  最後にこの場をお借りしまして、OBの皆様に再度、OB会メールアドレス変更のお知らせをいたします。今年度よりOB会の連絡先のアドレスが変更になっておりますので、ご登録願います。もし、連絡先やご住所を変更された方がいらっしゃいましたら、お手数ですが下記のメールアドレスへご連絡願います。

apollonob.kobeuniv☆gmail.com
(☆→@に変換願います)

今後とも神戸大学混声合唱団アポロンを何卒よろしくお願い申し上げます。


神戸大学混声合唱団アポロンOB会現役側担当
66回生 平川かれん
----------
神戸大学混声合唱団アポロン第54回定期演奏会
 日 時;12/17(土)
     17:00開場,17:30開演
 場 所;西宮市民会館アミティホール
入場無料
1st Stage混声合唱とピアノのための「かなでるからだ」
 作 曲;森山至貴  作 詞;みなづきみのり
 指 揮;重岡 昂  客演ピアノ;内藤典子
2nd Stageバルト三国の音色に耳を寄せて
Amazing graceほか
 指 揮;大谷洋太
3rd Stage混声合唱組曲「嫁ぐ娘に」
 作 曲;三善 晃  作 詞;高田敏子
 指 揮;大谷洋太
4th Stageドイツロマン派の合唱音楽
Os justiほか
 客演指揮;上西一郎